難聴対策骨伝導事業

高齢化社会到来、でも、なぜ補聴器が普及しないのか?

今まで、「聞こえ」の問題で悩んでいる方には、補聴器が一般的でした。
しかし難聴者にとって補聴器は敷居が高いイメージがあり、まだまだ情報不足という点が指摘され、利用することを決断できないということがあります。
さらに次の2つの点で、購入をためらう理由が生じている可能性があります。

  • 補聴器は片耳だけで平均10万円以上もして高額であること
  • 定期的にフィッティングを行わなければならず煩わしいと感じること

しかし一番の理由は、補聴器をつける行為自体のマイナスイメージが強いのかもしれません。実際に補聴器をつけている人の意見では、「隠したい」という要望は強いようで、現在の主流は「目立たない」こと「小型である」ことが強調されたものが目立っています。
ところが小型化することにより音質への影響が生じたり、あるいは操作性が悪くなることも考えられます。さらにはそのために価格も高くなる場合もあります。
だからこそ、視力が弱くなるとメガネやコンタクトレンズを使うように、耳が遠くなってきたら補聴器を使うというような気軽さが残念ながらないのです。

ただ、難聴者がそのまま聞きにくい音を「聞いて」いる状態は、決していい状態とはいえません。

脳は音声信号を処理する機能を持っています。この能力も次第に衰えてしまう可能性があるからです。こうなってからの対処では遅いのです。
また聞こえないことがストレスになり、「心」から「体」への悪影響も生じる可能性があります。

セルフメディケーション社会を推進していくうえで、聴力の問題は顕在化しないだけで、実は潜在的に圧倒的な阻害要素を含んでいるのです。  

骨伝導機器きくちゃん

そこで、予防医療情報センターとしては、せめて家の中だけでも気軽に使えるもの、たとえば健聴者がヘッドホンやイヤホンを使う感覚で使いこなせるもの、すでに補聴器を使われている方が容易に使い分けできるもの、等々を実現できる骨伝導技術に着目しました。
米軍に採用された特許技術を保有するテムコジャパンと提携し、国内のセルフメディケーション推進をサポートしていけるように整備を進めています。

現在、「骨で聴くドットコム」で、特許技術の骨伝導専門販売サイトを運営しています。